この度の震災で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

音楽は無力ではなかったとみんなで言える日が来るように、1人の人間として頑張ります。
1人の弱い人間として友達に頼りながら、折れそうな心を昔と変わらず母や姉に助けられながら。
父がいたら僕に何と言うだろうと想いながら。

幼い頃を思い出しています。あの頃は自分のために正直に過ごしていました。清々しいほど正直に。

初めは自分の弱さから、自分のために伸ばした手。
それがいつの間にか絆になり、握り返してくれる手に優しさを感じながら強くなりたいと思うようになりました。

明日が怖いと思ってる人、僕もそうだよ。頼り合いながら行こう。

いつかみんなで幸せな唄をうたえる日が来るように。

Aqua Timezを代表して 太志より